コーシャー認証団体:

コーシャー認証は、コーシャーの認証を与える独立した組織、または政府(イスラエル政府など)によって、食品の調理および生産に関連する全て対して確認、調査して行われます。

 

通常、コーシャー認証団体は、食品製造業の専門家であるユダヤ人ラビスを派遣して、

原料の確認から、製造工程プロセス、パッケージングされた食品、飲料、調理器具から、製造が行われる施設の整備、保管、さらには輸送までに及び、全て包括的にコーシャ標準法および規則に準拠していることを確認します。

 

検査官のラビは、(ラビのフィールド代表者)は、定期的に予告なしに現場を訪問し、食品製造または食品サービスのプロセスを監督して、コーシャー規制の継続的な遵守状況を検証します。

 

各コーシャー認証団体には、製造業者および食品サービス提供製品にこのシンボルマークを添付し、店舗内や工場ないでで認証された事を表示できるようにする、独自の商標のコーシャシンボル提示する事を許可します。そしてこの認証団体は、このシンボルの使用を、違反のためいつでも取り消すことができます。

 

日本では、国際的なkosher認証団体として3つの主要代理店であるOK、cRc、OU-が、サービスを提供して、日本の食品製造会社が、コーシャー認定を取得しています。

これらの団体は、1960年代初めから日本の伝統的な食品を認定してきた主要な独立した、信用ある国際的なコーシャーエージェンシーです。

 

OU-主要な日本の食品関連企業の一部を認定するアメリカのユダヤ人連合体の主要な最大な団体。

OK- 常に最先端な技術と優秀な審査官を抱え、業界のリーダー的存在。

CRC-シカゴに本拠を置く,最大アメリカンユダヤ人コミュニティを抱えるラビの組織で、海外では多くの日本の化学薬品や伝統的な食品の認証を取得しています。

 

Close Menu