New York City Manhattan restaurants
未分類
hidetaka

ニューヨーク・マンハッタンの人気レストランに売り込もう。

ニューヨークのマンハッタン島にあるレストランで、米国人なら誰でも検索していると言う。Yelpで検索してみました。上記はkosher (コーシャ)下記は日本食です。(ニューヨーク全体で検索すると数が多すぎて分析がこんなになるのでマンハッタンに絞りました。) 検索の結果は、kosherでは、1750店舗、日本食では、2118店舗と出ました。 このコーシャの店舗と日本食の店舗にアプローチする事が重要でこれから、米国に力を注入しようとしている会社には、参考になると思います。 レストラン業はニューヨークの経済の原動力です。多くの人々を雇用し、各店のブランド価値からシェフから従業員までキャリアを構築する為の重要なステップに貢献します。例えば◯◯店で働いていたとか、シェフだっただけでその後の人生が変わる事も良く聞きます。人気シェフとのコミューケーションや店舗オーナー、kosher店舗だったらそこのスパーバイザーからの信用を勝ち取らないといけない。州全体の地域社会で重要な役割を果たしています。 そしてそれだけでなく、時にはkosher消費者は、http://rabbisitorsky.com/kosher1.html のようなリストで確認し、認証団体に団体のどのラビが監督しているかまで問い合わせて予約をとります。また、このリストのカテゴリー(Category)も肉なのかミルクなのかビーガン(ベジタリアン)なのかの明記が非常に重要な要素で、サイト管理者が確認して日付も添付しています。 レストラン協会での情報ですと、2016年のニューヨークの飲食店は44,910店舗あり、推定経済規模は、$43.3 billionEstimated sales in New York’s restaurants in 2017 となっています。

Read More »
jewish map
未分類
hidetaka

米国の大都市圏に商品を評価してもらおう。

日本製食品は購買力がある、大都市に販売資力を投入すべきです。米国の人口は約3億2500万人で約2.1%のユダヤ教徒は、主だった米国の大都市には歴史的や生活様式の関係で、大都市に多く居住している。この事例が、商品、ファション、食品物流、情報、金融、アカデミーに大きく影響をなしています。特に、ニューヨークとマイアミの人口比率で20%を超す地域も多く存在しています。米国ユダヤ人の生活正式は多岐に渡り、必ずしもkosherの食事規定を守っていない、人々も多く見られるが、食品売り場で、kosher認証食品と非kosher認証食品が並べて置かれていると、金額が少々高くてもkosher認証食品を買う傾向はあります。 ニューヨーク都市圏は、人口の8%以上で、特にマンハッタンの対岸のロックランド群約30%、ブルックリンには60万人が住んでいます。ロサンジェルスのも、60万、近くのラスベガスも大きな市場があります。その他には、マイアミに50万人、シカゴには26万人の市場があります。特記したいのは、このシカゴのユダヤ団体は120の正統派の組織で、単独としては北アメリカの最大の組織で、歴史が古く、中西部から北東部まで多くのコミュニティを抱えている事です。 多くの日本の食品会社が、kosher認証を取ってもうまく市場に受け入れられない状況の連絡を時々受けます。販売方法を輸入卸店と綿密に計画することはもちろんですが、地域に合わせた表示の仕方からパッケージに工夫が必要です。

Read More »

Japan and Jewish History

japan meet kosher history Hidetaka muto   World 1842、オリーブオイルにラード油を混合し販売事件が起こり。コーシャ食品には、大きな問題を提起し化学的分析方法を開発。 (1867:江戸幕府終わる。) 1870,Rokeachは、コーシャ石鹸を販売。 1870,フライシュマン、酵母販売。 1871,最初 “ユダヤ人の料理本”。 1887,Manischewitz(メニシェウェッチ) 1888, Breakstoneアイスクリームを作る 1898,OUに設立され、多くの約1,000のシナゴーグが参加した。 1900年代初頭にコーシャベーグルの製造はじまる。 1901,最初イディッシュアメリカのクックブック. 1905,Ceres(セレス)現在、ジュース企業。 1905,Hebrew National Foodsソセージを作る。 1906,コーシャ生鳥・鳥肉協会 1908,Barney Greengrass(バーニーグリーングラス)ニューヨーク・スモークサーモン. 1910,Crisc (クリスコ)植物性ショートニング販売。P&G社 1915,ニューヨーク州議会は、初のコーシャ食品法を制定。これ以降、食品法が米国全土で制定。店舗の表示にコーシャと記載した場合、非コーシャ食品を提供することができない。 1916,Streit’s(シュトライト)マツァを製造。 1918,ニューヨーク州のコーシャ食品法が成立。 1921,Lindy’s Open. ウォッシュバーン·クロスビー社”ゴールドメダル小麦粉 発売. General Mills 1924,OUKosherは、アブラハム·ゴールドスタインにより、Kosherの監督方法と認定プログラムが導入。(尊敬された世界最大のコーシャ認定団体) 1927, Lender’s ベーグル販売 バター(油類)、卵、牛乳の不使用 1928,クラフトがチーズの販売始める。 1930, Maxwell House。 1933,アドルフ·ヒトラーが権力を握る。アルバート·アインシュタイン米国に移住。 1935,HeinzがOU認証うける。 1935,OKKosher,アブラハム·ゴールドスタインによって設立される。(リーダー的存在のコーシャ認定機関) 1937,コカコーラ社はコーシャ認定を取得 1946,ホロコーストの生存者数万人の到着は、米国のコーシャ食品業界に,厳格なコーシャ基準をもたらし、多様なスキルを持参し、製造工場、小売店、または外食産業を開く 1950,OKkosher、ラビ来日。ひじき、わかめ、わさびの確認。 1956,正統派ユダヤ人評議会は,スターK、を作る。(コーシャシンボルの重要な一つとなる) 1956,敬虔なハンガリー系ユダヤ人の亡命、コーシャ食品産業の更なる大きな要因となります。 1968,ラビ・バーナード・ベレール・レヴィーがOK Kosherのリーダーなる。世界中の食品原材料の移動が激しくなり、Kosher認証の改革は必要になった。 1972,全米でコーシャ食品法の設立。 今では、多くの州では、主にコーシャ消費者を保護するためにニューヨーク州の広範な法令をモデルにしたユダヤのための消費者保護法を持っている。 1977,キャンプデービットでKosher食を提供。 1987,息子のラビドンヨエル・レヴィがOKのリーダーになる。最高水準の技術と知識、 効率化とコンプライアンスを推進して、Kosher認証団体のリーダー的存在になる。 1992,米国最高裁判所は、コーシャ消費者保護は、国家の義務であると宣言。 1992,オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズのスタジアムでKOSHERスタンドが開設。 1997,Nabisco (ナビスコ)コーシャ認証を取得。 ネイサンズ(Nathan’s Famous)は、ホットドッグを専門とするファーストフード・チェーン。 ウォルマートは、コーシャ市場に参入。 ミラーのビール、コーシャ認証を取得。 About Me 私は、1999年からこの日本食とkosher のテーマに魅了されてきました。本当のところ自分でも解らないが、このテーマに触れる度に、興味と興奮を覚えます。もっと、伝えたい、そして、食を通じて、歴史、哲学、宗教、現代、自分、肉体と精神について、感じて考えて欲しいと思っています。 Japan 1861,ロシア、ホーランド系のユダヤ人長崎にホグロムの為来日。 1879江戸幕府終わる。 1872,英国ロルチャイルド、新橋ー横浜間の鉄道に資金提供。 1886,アルベルト・モッセ来日、地方自治の明治憲法制定に尽力。 1894,長崎にシナゴークできる。 1896, (仏)アルべール・カーン来日、日本に夢を感じ、日本に積極的に投資した。 https://en.wikipedia.org/wiki/Albert_Kahn_(banker) 1900年、野口英世は、北里柴三郎から紹介状をもらい、ユダヤ人サイモン・フレクスナーのもと飛び込み、ペンシルベニア大学医学部で助手の職を得て、蛇毒の研究を共にする。 1904,日露戦争 1905,ヨセフ・トルンペルドール、ロシア兵捕虜として来日。 神戸ユダヤ人コミュニティできる。 1906, ジェイコブ・シフ 帝国ホテルでパスオーバーを過ごす。日露戦争時の戦費調達に功績、勲二等旭日章授与。 1918,藤田左弌郎,ハイファの庭園の造園始める。 1918年日本政府のシオニズム支持をワイツマンに伝達。 1926年朝比奈隆を育てたエマヌエル・メッテル来日。諏訪根自子を育てたモギレフスキー来日。 1929年日本ピアノ界の恩人、レオ・シロタ来日。 1936年N響を育てた、ローゼンストック来日。ナチスドイツは、政府に排除を要求するが、日本政府は拒否する。 1937年(第1回極東ユダヤ人大会)樋口季一郎、安江仙弘参加。日独伊防共協定。 1938年オトポール事件、樋口季一郎活躍する。12月五相会議で、対ユダヤ基本方針決定。 1939年アメリカより、日米通商航海条約破棄を予告される。(第3回極東ユダヤ人大会) 1940,杉原千畝、ユダヤ難民にビザ発給始める。 1948年イスラエル独立。 1949年、湯川秀樹日本人初のノーベル物理学賞を受賞。このニュースは敗戦・占領下で自信を失っていた日本国民に大きな力を与えた。ユダヤ人セザーレ・ラッテス・ ジュセッペ・オキャリーニ・H・ミュアヘッド・セシル・パウエルらが、湯川秀樹が予測したパイ中間子を発見したため。 1950年代から、日本製カメラのアメリカでの代理店はほとんどユダヤ系企業。 1953年、ユダヤ人イリヤ・プリゴジン、(散逸構造の理論で1977年のノーベル化学賞を受賞した)全国の高校をまわって講演し、日本の若者達を鼓舞し、物理学界の多くの指導者を育成した。日本政府から勲二等旭日瑞宝章が贈る。 1965年、朝永振一郎、2名のユダヤ人・シュウィンガーとファインマンの3人で量子電磁力学ノーベル物理学賞を受賞。最大の業績は、白いユダヤ人と攻撃されたヴェルナー・ハイゼンベルクとユダヤ人ヴォルフガング・パウリが構築した理論を進め、量子電磁力学を完成させた。 1967年手島 佑郎博士、日本人で初めてイスラエルのヘブライ大学、哲学と旧約聖書学を卒業 1973年、江崎玲於奈とアイヴァー・ジェーバーと共に受賞。半導体内および超伝導体内の各々におけるトンネル効果の実験的発見。同年のユダヤ人・ブライアン・ジョゼフソンも受賞。 1976年、ユダヤ人・ミルトン・フリードマンノーベル経済学賞受賞。、1982-1986年まで日銀の顧問を務める。1986年に中曽根内閣から勳一等瑞宝章。 『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(1979年)の著者エズラ・ヴォーゲル、

Read More »
未分類
hidetaka

どの、認証団体を選べば良いか?

国際的に通用する。 一番聞かれる質問に、「どの認証団体にkosher認証を依頼すべきか?」です。 私たちが考える、コーシャ認証を受ける意義は、どの国に商品を持って行っても通用する団体の認証を受けるべきと考えています。 輸出または、海外進出に手助けに成る、現地で無名の社名や無名の商品を、新しい地域のマーケットに商品を投入する時に、コーシャマークが足掛りに成ると確信しているので、私たちは認証を勧めています。 そして、イスラエルのラビ最高評議会と、米国コーシャ団体協会の国際会議に毎年参加している事が重要です。 各団体が単独で一つの商品を認証審査する事は不可能な状態だからで、まして、国際間の流通も考慮を入れたらお互いの信頼構築に国際会議に参加することがとても重要な行事になり、商品を広く販売するため輸出をするために認証を受けた企業に対しての義務でもあるからです。   そうすると、世界には1500以上の団体があると言われている中、50団体に絞られるが、日本を理解し興味がある団体は、10団体ぐらいと想像できる。同時に、御社の目的と費用に合致する団体を選ぶのか重要な作業と成る。   国際会議の内容は、各団体の顔つなぎから、持ち回りに課題を設けて認証プロセスの質疑応答、例えば、養護老人ホームからOEM生産の認証、代理店のあり方、違反した会社の危機管理まで多岐に渡ります。また、テーマとして、ミルク、卵、食肉の扱い方法の各団体の体制方法の説明会が多くな比重をしめ、事前質問も受け入れているので、より深い議論がそこで行われています。   最先端の団体からの、最新のデーターベース、製造現場でのビデオ管理から遠隔操作の報告も大きなテーマーとなっている。   各団体は、基本は同じですが、団体の育ちや地域の違いから、微妙に違う慣習の神学論争を避け共通点の確認作業の場でもある。例え有名コーシャ団体でも認めないと言う事態が起こる事がコーシャ認証の特徴でもある。(と畜の方法、ミルクはユダヤ人の作業人が搾った物しか認めない団体や海苔を認めない団体、鰹を認めない団体など様々団体がある)  

Read More »
japan kosher
インバンド(ツーリスト)
hidetaka

目指せ、観光天国、日本。

私たちは、コーシャを使い全力で観光客の誘致をいたします。 世界中回っている、旅行者に他国では、味わえられない、感じた事ない体験を、kosherやアレルギーフリー、ビーガン食の提供を推進して、食のストレスフリーの知識と経験を生かし使い、地域の伝統と文化、自然、にさらに磨きを与える、地域の「稼 ぐ力」を引き出す仕組みを作りたいと思い、明確な目標と計画を共同で作り上げていける、パートナーとなる、多様な関係者や地域や団体を探しています。 特に近年、kosher愛好者の日本への団体旅行や個人者の数は飛躍的に増加しています。 しかしながら、日本では、彼らに食を提供できる施設や限られています。日本の和食は、美味しい食べ物だけでなく、健康でもあるという考え方から、多くの人々が望んでいます。 そこで、私たちは包括的な情報を提供するためデータベース作りに着手しています。しかし問題点が多くあります。 現在、メーカーでコーシャ認定されたコーシャー食材、食品の開示が遅れている。 コーシャにするのは困難と誤解がある。 コーシャー、つまりベジタリアン/ビーガンレストラン、寿司バーなど、誤ってコーシャーと見なされ、情報の混乱がある。 私たちが提供する情報は、一般的なコーシャーフード規制の最も基本的な原則、具体的には日本の食品製造工場でのその実装方法を定義し説明します。 この情報は、コーシャー旅行者や日本食kosher愛好家のような最終消費者のための情報であり、コーシャー認証を取得することに関心のある日本の食品製造業向けのより詳細な説明いたします。 私たちのコーシャーの情報は、ここ20年以上にわたり、日本の食品製造プロセスの広範かつ直接的な知識と経験に基づいています。

Read More »
why kosher
なぜ、kosher認証なのか。
hidetaka

Why kosher

なぜに、コーシャ認証を取得した方が良いのか。食品加工市場で最も急速に成長している。 推定で150億米ドル(16兆円)に増加すると予測されている、コーシャ食品の中心地は米国市場はです。 コーシャ食品の需要は、ユダヤ教徒と非ユダヤ人のkosher食品を求める、俗に言う富裕層ですが。一般の消費者の半数は気がつかないで購入しています。 中東系イスラム教徒、ベジタリアンの仏教徒、ビンズー教徒、一部のキリスト教信者は、 コーシャ認証マークの横に表示される単語または文字によって表記されている,カテゴリを目安やすに、( “肉”またはM、乳製品 “乳製品にはD”、魚類はFまたは内容物表示に魚類の表示を求める。)のマークを確認し購入しています。 ベジタリアンやビーガンの愛好者も、著名kosher団体のアイコンマークを目安にしています。 有名kosher団体は、100年近く掛けたデーターとここ60年前からIT技術を駆使し、忍耐強くメーカーに情報開示を求め、多くのデーターベースを整え、時には友好団体とデーターと製品の情報交換を行っている。この体制が多くの製品を生み出し、添加物由来まで徹底して調べえる状態を、評価して多くのアレルギー保持者から指示され、コーシャ製品の人気を支えている。これは一時的なブームとはいえない。 アレルギー保持者からも、大きな支持を得ています。 特に、ミルクが危険なミルクアレルギーの購入意欲に大きく答えています。これは、kosher認証マークの隣に付く(D)のアイコンの表示で乳糖不退者はこのDのアイコン表示の商品は買うことがありません。反対にkosher認証マークだけの商品には、強く購買意欲を起こすことがわかっています。そして、Kosher認証マークの横にPのアイコンがある場合は、小麦アレルギー者の目安になっています。米国で代表的な甲殻類・軟体類・貝類のアレルギー保持者には、kosher認証商品は救いの商品でもあります。 そのほか、肉、卵、魚、昆虫、等の様々なアレルギーや忌避したい食品の消費者の要望にkosher認証は答えることができます。 相対的に政府系や食品団体の仕事としての検査イメージを越えて、品質保証をユダヤ教と宗教に求めるユニークな方法は、日本人には理解をこえているもので、飽きなく食品の本質の追求する姿勢は、消費者はより安心で健康的なイメージをコーシャ認証食品に持っており、アメリ消費者の半数は、コーシャを購入しています。 このコーシャ食品の米国での大きな広がりは、日本の食品会社の市場参入に大きなチャンスを提供しています。

Read More »
Close Menu