コーシャー認証の協定書
検査ラビの最初の訪問の後、コッシャー契約(協定書)が起草される。 それには、コーシャ認証と関連する認証料を取得し、維持するために必要なすべての条件が含まれます。
通常、手数料の内訳は次のとおりです。
– 認定企業のサポートのすべての側面をカバーする年間認証料  。
– 検査料 – 各プラントを訪問するのに費やされたラビの実際の時間の費用と、関連する費用(旅行、ホテルなど)。
製品の材料や製造工程が複雑になればなるほど、ラビ(Rabbi)検査が必要になり、したがって認証料が高くなります。
しかし、上記の主要なコーシャー機関は、各認証工場の最高のコーシャー設備を創出し、できるだけ低いコストを維持するように最大限努力しています。

ラビH. Simantov
東京、日本

Close Menu