Why kosher

Why kosher

なぜに、コーシャ認証を取得した方が良いのか。食品加工市場で最も急速に成長している。

推定で150億米ドル(16兆円)に増加すると予測されている、コーシャ食品の中心地は米国市場はです。
コーシャ食品の需要は、ユダヤ教徒と非ユダヤ人のkosher食品を求める、俗に言う富裕層ですが。一般の消費者の半数は気がつかないで購入しています。

中東系イスラム教徒、ベジタリアンの仏教徒、ビンズー教徒、一部のキリスト教信者は、

コーシャ認証マークの横に表示される単語または文字によって表記されている,カテゴリを目安やすに、( “肉”またはM、乳製品 “乳製品にはD”、魚類はFまたは内容物表示に魚類の表示を求める。)のマークを確認し購入しています。

ベジタリアンやビーガンの愛好者も、著名kosher団体のアイコンマークを目安にしています。

有名kosher団体は、100年近く掛けたデーターとここ60年前からIT技術を駆使し、忍耐強くメーカーに情報開示を求め、多くのデーターベースを整え、時には友好団体とデーターと製品の情報交換を行っている。この体制が多くの製品を生み出し、添加物由来まで徹底して調べえる状態を、評価して多くのアレルギー保持者から指示され、コーシャ製品の人気を支えている。これは一時的なブームとはいえない。

アレルギー保持者からも、大きな支持を得ています。

特に、ミルクが危険なミルクアレルギーの購入意欲に大きく答えています。これは、kosher認証マークの隣に付く(D)のアイコンの表示で乳糖不退者はこのDのアイコン表示の商品は買うことがありません。反対にkosher認証マークだけの商品には、強く購買意欲を起こすことがわかっています。そして、Kosher認証マークの横にPのアイコンがある場合は、小麦アレルギー者の目安になっています。米国で代表的な甲殻類・軟体類・貝類のアレルギー保持者には、kosher認証商品は救いの商品でもあります。

そのほか、肉、卵、魚、昆虫、等の様々なアレルギーや忌避したい食品の消費者の要望にkosher認証は答えることができます。

相対的に政府系や食品団体の仕事としての検査イメージを越えて、品質保証をユダヤ教と宗教に求めるユニークな方法は、日本人には理解をこえているもので、飽きなく食品の本質の追求する姿勢は、消費者はより安心で健康的なイメージをコーシャ認証食品に持っており、アメリ消費者の半数は、コーシャを購入しています。

このコーシャ食品の米国での大きな広がりは、日本の食品会社の市場参入に大きなチャンスを提供しています。

Close Menu
Translate »