米国の大都市圏に商品を評価してもらおう。

米国の大都市圏に商品を評価してもらおう。

日本製食品は購買力がある、大都市に販売資力を投入すべきです。米国の人口は約3億2500万人で約2.1%のユダヤ教徒は、主だった米国の大都市には歴史的や生活様式の関係で、大都市に多く居住している。この事例が、商品、ファション、食品物流、情報、金融、アカデミーに大きく影響をなしています。特に、ニューヨークとマイアミの人口比率で20%を超す地域も多く存在しています。米国ユダヤ人の生活正式は多岐に渡り、必ずしもkosherの食事規定を守っていない、人々も多く見られるが、食品売り場で、kosher認証食品と非kosher認証食品が並べて置かれていると、金額が少々高くてもkosher認証食品を買う傾向はあります。

ニューヨーク都市圏は、人口の8%以上で、特にマンハッタンの対岸のロックランド群約30%、ブルックリンには60万人が住んでいます。ロサンジェルスのも、60万、近くのラスベガスも大きな市場があります。その他には、マイアミに50万人、シカゴには26万人の市場があります。特記したいのは、このシカゴのユダヤ団体は120の正統派の組織で、単独としては北アメリカの最大の組織で、歴史が古く、中西部から北東部まで多くのコミュニティを抱えている事です。

多くの日本の食品会社が、kosher認証を取ってもうまく市場に受け入れられない状況の連絡を時々受けます。販売方法を輸入卸店と綿密に計画することはもちろんですが、地域に合わせた表示の仕方からパッケージに工夫が必要です。

コメントを残す

Close Menu