Japan and Jewish History

japan meet kosher history

Hidetaka muto

World

1842、オリーブオイルにラード油を混合し販売事件が起こり。コーシャ食品には、大きな問題を提起し化学的分析方法を開発。

(1867:江戸幕府終わる。)
1870,Rokeachは、コーシャ石鹸を販売。

1870,フライシュマン、酵母販売。

1871,最初 “ユダヤ人の料理本”。

1887,Manischewitz(メニシェウェッチ)

1888, Breakstoneアイスクリームを作る

1898,OUに設立され、多くの約1,000のシナゴーグが参加した。

1900年代初頭にコーシャベーグルの製造はじまる。

1901,最初イディッシュアメリカのクックブック.

1905,Ceres(セレス)現在、ジュース企業。

1905,Hebrew National Foodsソセージを作る。
1906,コーシャ生鳥・鳥肉協会
1908,Barney Greengrass(バーニーグリーングラス)ニューヨーク・スモークサーモン.

1910,Crisc (クリスコ)植物性ショートニング販売。P&G社

1915,ニューヨーク州議会は、初のコーシャ食品法を制定。これ以降、食品法が米国全土で制定。店舗の表示にコーシャと記載した場合、非コーシャ食品を提供することができない。

1916,Streit’s(シュトライト)マツァを製造。

1918,ニューヨーク州のコーシャ食品法が成立。

1921,Lindy’s Open.

ウォッシュバーン·クロスビー社”ゴールドメダル小麦粉 発売. General Mills

1924,OUKosherは、アブラハム·ゴールドスタインにより、Kosherの監督方法と認定プログラムが導入。(尊敬された世界最大のコーシャ認定団体)

1927, Lender’s ベーグル販売
バター(油類)、卵、牛乳の不使用
1928,クラフトがチーズの販売始める。
1930, Maxwell House。
1933,アドルフ·ヒトラーが権力を握る。アルバート·アインシュタイン米国に移住。
1935,HeinzがOU認証うける。
1935,OKKosher,アブラハム·ゴールドスタインによって設立される。(リーダー的存在のコーシャ認定機関)

1937,コカコーラ社はコーシャ認定を取得
1946,ホロコーストの生存者数万人の到着は、米国のコーシャ食品業界に,厳格なコーシャ基準をもたらし、多様なスキルを持参し、製造工場、小売店、または外食産業を開く
1950,OKkosher、ラビ来日。ひじき、わかめ、わさびの確認。

1956,正統派ユダヤ人評議会は,スターK、を作る。(コーシャシンボルの重要な一つとなる)

1956,敬虔なハンガリー系ユダヤ人の亡命、コーシャ食品産業の更なる大きな要因となります。
1968,ラビ・バーナード・ベレール・レヴィーがOK Kosherのリーダーなる。世界中の食品原材料の移動が激しくなり、Kosher認証の改革は必要になった。
1972,全米でコーシャ食品法の設立。

今では、多くの州では、主にコーシャ消費者を保護するためにニューヨーク州の広範な法令をモデルにしたユダヤのための消費者保護法を持っている。

1977,キャンプデービットでKosher食を提供。
1987,息子のラビドンヨエル・レヴィがOKのリーダーになる。最高水準の技術と知識、

効率化とコンプライアンスを推進して、Kosher認証団体のリーダー的存在になる。
1992,米国最高裁判所は、コーシャ消費者保護は、国家の義務であると宣言。

1992,オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズのスタジアムでKOSHERスタンドが開設。
1997,Nabisco (ナビスコ)コーシャ認証を取得。
ネイサンズ(Nathan’s Famous)は、ホットドッグを専門とするファーストフード・チェーン。
ウォルマートは、コーシャ市場に参入。
ミラーのビール、コーシャ認証を取得。

 

About Me

私は、1999年からこの日本食とkosher のテーマに魅了されてきました。本当のところ自分でも解らないが、このテーマに触れる度に、興味と興奮を覚えます。もっと、伝えたい、そして、食を通じて、歴史、哲学、宗教、現代、自分、肉体と精神について、感じて考えて欲しいと思っています。

Japan

 
1861,ロシア、ホーランド系のユダヤ人長崎にホグロムの為来日。
1879江戸幕府終わる。
1872,英国ロルチャイルド、新橋ー横浜間の鉄道に資金提供。
 
1886,アルベルト・モッセ来日、地方自治の明治憲法制定に尽力。
1894,長崎にシナゴークできる。
1896, (仏)アルべール・カーン来日、日本に夢を感じ、日本に積極的に投資した。

https://en.wikipedia.org/wiki/Albert_Kahn_(banker)

 
 
 

1900年、野口英世は、北里柴三郎から紹介状をもらい、ユダヤ人サイモン・フレクスナーのもと飛び込み、ペンシルベニア大学医学部で助手の職を得て、蛇毒の研究を共にする。

 
1904,日露戦争
1905,ヨセフトルンペルドール、ロシア兵捕虜として来日。

神戸ユダヤ人コミュニティできる。

1906, ジェイコブ・シフ 帝国ホテルでパスオーバーを過ごす。日露戦争時の戦費調達に功績、勲二等旭日章授与。

 1918,藤田左弌郎,ハイファの庭園の造園始める。

1918年日本政府のシオニズム支持をワイツマンに伝達。

1926年朝比奈隆を育てたエマヌエル・メッテル来日。諏訪根自子を育てたモギレフスキー来日。

1929年日本ピアノ界の恩人、レオ・シロタ来日。

1936年N響を育てた、ローゼンストック来日。ナチスドイツは、政府に排除を要求するが、日本政府は拒否する。

1937年(第1回極東ユダヤ人大会)樋口季一郎、安江仙弘参加。日独伊防共協定。

1938年オトポール事件、樋口季一郎活躍する。12月五相会議で、対ユダヤ基本方針決定。

1939年アメリカより、日米通商航海条約破棄を予告される。(第3回極東ユダヤ人大会) 

1940,杉原千畝、ユダヤ難民にビザ発給始める。

1948年イスラエル独立。
1949年、湯川秀樹日本人初のノーベル物理学賞を受賞。このニュースは敗戦・占領下で自信を失っていた日本国民に大きな力を与えた。ユダヤ人セザーレ・ラッテス・ ジュセッペ・オキャリーニ・H・ミュアヘッド・セシル・パウエルらが、湯川秀樹が予測したパイ中間子を発見したため。
1950年代から、日本製カメラのアメリカでの代理店はほとんどユダヤ系企業。
 
1953年、ユダヤ人イリヤ・プリゴジン、(散逸構造の理論で1977年のノーベル化学賞を受賞した)全国の高校をまわって講演し、日本の若者達を鼓舞し、物理学界の多くの指導者を育成した。日本政府から勲二等旭日瑞宝章が贈る。
1965年、朝永振一郎、2名のユダヤ人・シュウィンガーとファインマンの3人で量子電磁力学ノーベル物理学賞を受賞。最大の業績は、白いユダヤ人と攻撃されたヴェルナー・ハイゼンベルクとユダヤ人ヴォルフガング・パウリが構築した理論を進め、量子電磁力学を完成させた。
1967年手島 佑郎博士、日本人で初めてイスラエルのヘブライ大学、哲学と旧約聖書学を卒業
1973年、江崎玲於奈とアイヴァー・ジェーバーと共に受賞。半導体内および超伝導体内の各々におけるトンネル効果の実験的発見。同年のユダヤ人・ブライアン・ジョゼフソンも受賞。
 
1976年、ユダヤ人・ミルトン・フリードマンノーベル経済学賞受賞。、1982-1986年まで日銀の顧問を務める。1986年に中曽根内閣から勳一等瑞宝章。
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(1979年)の著者エズラ・ヴォーゲル、
1987年、利根川 進ノーベル生理学・医学賞を受賞した。師のユダヤ人・サルバドール・エドワード・ルリアは、デビッド・ボルティモア、ロバート・ホロビッツ等多くのノーベル受賞者を育てた。

1989年斑目 力曠氏 日系企業で初めてイスラエルでネミック・ラムダ株式会社を設立。 
2000年、白川英樹、ユダヤ人アラン・ジェイ・ヒーガー、アラン・マクダイアミッド、「導電性高分子の発見と発展」の業績により、共同でノーベル化学賞を受賞した。
 
2001年、野依良治、ユダヤ人・バリー・シャープレス、ウィリアム・ノールズ・の3名が共同受賞者。(いずれも不斉触媒による水素化反応)。
2001年ノーベル経済学ユダヤ人・ジョージ・アーサー・アカロフ。宇沢 弘文の数理経済学セミナーの教え子。 
2001年ノーベル経済学ユダヤ人・ジョセフ・ユ-ジン・スティグリッツ、宇沢 弘文の数理経済学セミナーの教え子。安倍総理と面談。 
2002年:小柴 昌俊、レイモンド・デイヴィスと共にノーベル物理学賞を受賞した。シカゴ大学の核物理研究所、南部陽一郎同僚。
2008年:ノーベル経済学ユダヤ人・ポール・クルーグマン、日本に安倍総理と面談。
 2008年:下村脩、ユダヤ人・マーティン・チャルフィー、・ロジャー・Y・チエンと共にノーベル化学賞を受賞。受賞理由は緑色蛍光タンパク質の発見と開発。
2008年:南部陽一郎(ノーベル物理学賞) 1954年にゴールドバーガーの誘いを受けてシカゴ大学の核物理研究所に着任。益川 敏英,小林 誠と同時受賞,小柴昌俊同僚。
 
2010年 根岸 英一、鈴木章、ノーベル化学賞受賞(指導教官ユダヤ人ハーバート・ブラウン)
 2015年 大村 智、ノーベル生理学・医学賞受賞。ユダヤ人マックス・ティシュラーの協力で北里研究所に、メルク社から研究資金を確保した。
2017年6月6日斑目 力曠氏 ネタニア市にプラネタルームを建設。
2017年6月7日 杉原ストリート。
 

Contact

  • www.japankosher.com
  • mutoh18@gmail.com

ウィキペディア(Wikipedia)

sato tadayuki

jewishencyclopedia.com

Jacob Teshiam 手島

このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo

Close Menu
Translate »